仕事と出会う旅

トップ地域と出会う旅プログラム一覧> 棚田まつりに出会う

日本酒造りの現場に出会う

開催日程

2015年10月24日(土)

■場 所
松阪市飯南町深野地区

旅の内容は?(予定)

立派な石積みの棚田が広がるのは松阪市の山あいにある深野地区。ここで今年四回目になる棚田まつりが開催されます。
今回はそのまつり運営のお手伝いをしてもらいます。
【プログラムの内容】
~地元の人とわいわいがやがや、
まつりを楽しく一緒に盛り上げませんか?~
三重県松阪市の深野地域では、石積みの立派な棚田が残っており、地元の方々が今も丹精込めてお米作りをしています。現在深野地区は、地域の人たちがこの地域を盛り上げようとさまざまな取り組みを行っています。
今回は、棚田を浮かびあがらせる2015本の竹灯籠による幻想的な地域イベント
「第4回 深野・棚田まつり2015」の運営のお手伝いをします☆
2015本の竹灯籠の設置や点火を中心とした作業に、地元の農産物販売のお手伝いなど、まつりに関わるお手伝いを行っていただきます。
深野の棚田は標高の高い場所にあるので、そこから眺める景色は絶景です☆
まつりをお手伝いしながら、幻想的な竹灯籠を楽しみましょう☆

予約する

■プログラムの流れ

 

  • 午 前 : ガイダンス、作業開始
  • 昼 食 : 昼食
  • 午 後 : 作業(~20:00頃まで)※お祭りをお楽しみながら作業に入ってもらいます。

 

■アクセス情報

松阪駅~深野
三重交通松阪駅前バスのりばから辻原経由・道の駅飯高行きバス乗車約40分深野バス停で下車すぐ

 

■時 間 24日(土)9:00~解散20:00頃予定
■料 金

2,000円(税込)/人

※含まれるもの≪昼食(弁当)・夜(ふるまい汁)、保険代等≫ ※現地までの交通費は含みません。

■定 員 10名 
■集 合

9:00JA深野店前

■持ち物

飲み物、汚れてもいい服・動きやすい靴・帽子・軍手・タオル・懐中電灯など

 

予約する

松阪市飯南町の深野地区は、優れた松阪牛を育てる飼育農家がたくさんあることと、古くから「深野和紙」と呼ばれる和紙の生産で知られています。松阪牛は、櫛田川流域で育てられた処女牛で、特に深野だんだん田は、作った稲ワラを牛に食わせ、また、牛糞を肥料に稲作をする方法をとっています。日当たりの良い棚田で放牧した牛は、良質であり、ここはまさに「松阪牛のふるさと」と言われています。

 

深野のだんだん田について

深野の棚田は、白猪山南側の急斜面に開けただんだん田で、室町時代中期から江戸時代初期にかけて開拓されたと言われています。城塞を思わせるように幾重にも積まれた自然石が織り成す風景は、まさに石の芸術です。先人の知恵と技術、努力は想像を絶するもので現在では山村の歴史を物語る貴重な文化遺産となっており、地元の保存会の方々によって守られています。

 

棚田まつり実行員会からのコメント

棚田一面に映し出す3500個の行燈に灯る幻想的な光の列に 押し寄せる皆様はきっと酔いしれます。
この地に夢と希望を与え、「心一つ」になった 大イベント「棚田まつり」に是非お越し下さい。 お待ちしています。

 

予約する

トップ